第5回 知多半島・師崎

2004年3月末日に行われたおいてけぼりツーリング'04春のツーリング!!
今回は愛知県知多半島を回ってきました!!


2004年3月某日 自宅
一通のメールが届いた。
すだれんから。
「ツーリングいくぞー!
連れてけ〜連れてけ〜
(≧д≦)ノ
ワショーイワショーイ」


・・・いや、そんな勢いで言われましても・・・。
おいていきはしませんって。


そして当日、2004年3月31日

  午前8時 自宅車庫
そろそろ来る時間かな、と玄関へ向かうと・・・。
慶事さん、なんでいるのに呼んでくれないんだ。
「いや、時間になってからのほうがいいかなぁと。」

・・・お気遣いどうも。


8時20分 最寄のガソリンスタンド
今回も僕のジョグに乗って参加の慶事さん。
実はこの日で自賠責が切れる。そして、更新せずに引退する事になっている。
引退試合ですな。



2004年某日(ずいぶん前)
おいてけ母「ちょっと、あのスクーター何とかしやぁ」
おいてけ「は?」
おいてけ母「ガソリンもれとるよ」
おいてけ「はぁ?」

スクーターの下にはガソリンの池。


さかのぼる事数年
おいてけ姉「さっきU字ロック巻き込んじゃった」
おいてけ「は?」
おいてけ姉「なんか水が漏れてガソリンくさかったんだけど」
おいてけ「ん〜、何処も悪くないけどなぁ。今は。」


戻って2004年某日
おいてけ「あぁ、原因はあれか・・・。」
姉がU字を巻き込んだときにガソリンチューブに傷が出来たようだ。
チューブの経年変化でガソリン漏れが起こったようだ。
結局しばらくはそのまま放置されたスクーター。


2004年3月下旬
ガソリンチューブを干しが買ってくる。
付け替えた。


そして当日に戻る。2004年3月31日
恒例!空気入れ〜! 8時半ちょっと過ぎ 名古屋市南区氷室交差点
ガソリン満タンのCB50S(おいてけ)とジョグ(慶事)が集合場所に到着
CB50JX-1(ぺっぺ)、RS125(すだれん)、DT50(hosshy)の計5人で今回の旅もスタートする。


午前9時 東海市
意外と寒い・・・。
ぺっぺと僕の二人は前日まで北海道に旅行してたわけで。
名古屋に戻って来たら暖かかったわけで。
調子ぶっこいて薄着できたわけで。
・・・ミスった。


午前中 某コンビニ「CoCoストア」
寒い。
この日は北風が強く、とても寒い日だった。
温かい飲み物を購入。飲まないとやってられません・・・。


のまのとうだいだぁ〜!! 午前11時? 野間灯台
ここはカップルがよく訪れるという話。
なんでも、灯台の柵に南京錠をかけると、恋愛が成就するとかしないとか。
すだれんの鍵を探しに来たのだが・・・なくなってる?残念。
その後、海岸線(砂浜)を干しがDTで失踪・・・もとい、疾走。
僕も乗りましたが・・・これは面白い。
砂へのハマリ具合がなんとも・・・あ、スタックした。


昼ごろ 南知多町、国道273号
慶事さんのJOGにガソリンを入れる。
ついでに、満タンにしてこなかったぺっぺのCBにも。
・・・ところで「丸は食堂」はどこだろ。
そこへマイクロバスが通過。
なるほど、この先か。。。


昼過ぎ 丸は食堂
さて、飯の時間です。

おいてけ「なんか旅館みたい・・・って旅館なんだよな」

そして一同は座敷にてメニューを見る
全員「高っ!」
おいてけ「一番下じゃなんだから下から二番目かな〜」
すだれん「お金な〜い、おいら食わな〜い(´・ω・`)ショボーン 」
慶事「一番安いコースで」

どの料理も美味かったけどね〜。


バイクの写真〜 午後になって 知多半島東岸 国道273号北上中
う〜ん・・・。

風が強すぎるんだよ!!!
前すすまねぇし。
平地で3速でしか走らないのはどうかと思う・・・。


相変わらず国道273号
hosshy「でさぁ、このまま戻るのもなんだから、内陸のほうまでいこうよ〜」
というわけで知多半島の内陸に向かうことに。



恋の水神社・・・ やや迷いながら とある神社。
「恋の水神社」

すだれんと干しは以前から知っていた模様。
どうやら縁結びの神様がいらっしゃる様だが・・・。
おいてけ「興味ねぇや」


夕方 帰宅ルート
寒い寒い寒い!!!
僕とぺっぺは薄着。
二人ともガクガクと震えながら走る。
大音量で歌を歌いながら(笑)


東海市 名和北交差点
今回のツアーは流れ解散で幕を閉じる。
交差点で、hosshy、すだれんが別れ・・・


名古屋市 内田橋北交差点
交差点でぺっぺがわかれ・・・
慶事さんと僕が僕の家へ。


もう夜 自宅車庫
こうして'04春ツアーは幕を閉じたわけだが


思い出が「寒かった事」と言うのはあまりに寂しいですよね・・・。
CB50STouringに戻る