第1回 大東・甲子園
青い空と白い雲!!
置いていかれてもGOGO!

原付同好会「おいてけぼり」が遂に発足!
初の公式ツアーですよ〜!


2002年8月 始まりはいつもおいてけ宅

天気がいい。・・・それにしても暑い。

「まあそんなもんだよな・・・。」

おいてけ、ぺっぺの二人は再び大阪へと向かうわけで。


出発日より遡ること数ヶ月 おいてけ宅→пィ友人宅

おいてけ「なあ、夏、泊まり行っていい?」
大阪府大東市の友人H「え〜?○○日(最終日)は出かけるけど」
おいてけ「朝早く出るから〜」
友人「う〜ん、じゃあいいけど・・・」
おいてけ「じゃ、決まりね〜」

というわけで、5月に引き続き、大阪行きが決定した。


出発日から遡ること数日 おいてけ宅

ぺっぺ「何回も行くのやだから、お盆行かない分、岸和田に顔出したいんだけど・・・」
おいてけ「ええよ〜」

この時点で岸和田によってから大東市という遠回りルートが確定。
果たして何時間かかるのか・・・。


そして出発。

「初日」
よく晴れた日、とは言いがたいが、薄雲がかかっていてもなおうだるような暑さの日だった。
チームおいてけぼりを結成して2日、早くも第一回のツーリングが開催になるとは夢にも思っていなかった。・・・というより、むしろチームおいてけぼりの結成が予想外であるのだが。
そう、6月にゼロハンレストアクラブが発足して、2ヶ月、レストアをしていないということから名称変更をしてこの名称になったのだ。まあ、名称のことはこの際どうでもいい。とにかく、5月にぺっぺの親戚の家に行ってから約3ヶ月、2度目の大阪ツーリングである。
今回は、用事があることから、一度岸和田のぺっぺ親戚宅によってから、目標地点の友人Hの家に向かうこととなった。
ルートは前回のツーリングで印象が深かったR25を逆走することとなったため、まずはR1を通って関町まで向かい、そこからR25、R163、R24をとおり上野、笠置、木津、奈良、藤井寺を抜けて、岸和田へ向かい、そこからR170へ出て友人Hの家に向かうこととなった。
3ヶ月前にたどった懐かしい風景を過ぎる。いつものコンビニ(サークルK)等で休憩を2度程とって、ついに関町に到着。
道の駅「関宿」にて休憩を取り、いざR25へ。関町大字加太から上野市に抜ける約30qのルート。加太の町並み、鴉山池、伊賀町市街地を抜け、上野市へ。そこからR163に乗り換え、笠置町を通って木津町へ。そこを抜けて奈良市内に入ると一気に街中に。そこから王寺町を抜けてついに大阪府に入る。そこから岸和田まで2時間。ノンストップで一気にGO〜!
岸和田のぺっぺの親戚宅でしばしの休息をとった後。次に向かうは友人H宅、とその前に、前回のツーリングで食えなかった「たこ忠」のたこ焼きをいただいて。
岸和田から大東市は2時間半程度。結局、到着したのは名古屋を出てから11時間ほどかかった。その後、近くのコンビニで酒(!)その他を買い、夜は宴会を行い就寝。

「二日目」
二日目は・・・朝から何をしようか検討。
で、H君のヴィッツを借りて一路甲子園へ。
ちょうど高校野球の真っ最中。天気は最高。うだるような暑さとはこういうのを言うんだな。阪神高速に乗る。こんでるなぁ・・・。あ、動いた、発し・・・しまった!エンストこいた!!
H君のヴィッツはレース用、当然MT車なわけで。でも排気量は1000cc。気を抜くとすぐエンストするんです・・・。そしてしばらく走って看板を見ると、西宮・・・あれ?ここはどこ?・・・しまった。ここは神戸市じゃないか。あわてて戻る。
そのときにはすでに車酔いの相方が就寝中。はあ・・・。駐車場を確保しレッツ観戦。
甲子園名物「かちわり」を買ったら・・・ただの水じゃん。と、一試合見て退却。
さて、昼過ぎに帰宅したら、みんなで大阪市内観光(道頓堀周辺のみ)。
蓬莱の豚まん、松屋のうどんを食べ、夜になって帰宅。
次の日は帰るのになんと飲み会敢行。ま、いっか。なんだかんだで寝るのが遅くなってしまった・・・。

「三日目」
では8時に出発〜!予定でしたが、大幅に遅れてなんと10時の出発に。いろいろ寄ろうと思ったのに。・・・ま、いっか。(なんかこれが多い)
H君の家から程近い山を抜ける道路、阪奈道路を通る。結構なワインディング。なかなか楽しい。
で、その後生駒を抜けて奈良市内へ。「鹿注意」の看板を見つけカシャ。鹿を見てカシャ。奈良県庁をカシャ。カメラのフィルムが無駄だな・・・。
(このころ、まだデジカメを持っておらず、APSのコンパクトカメラを使っていたのです。) えーとこのまま帰るのは癪だな。というわけで天理まで南下。で、何をするかというと・・・

「R25完走計画」

関町加太〜上野市間は二度走ったが、その先がまだ。というわけで、急遽、天理〜上野間を走ることとなった。天理ダムをカシャ。上野市が一望できるところでカシャ。なんともフィルムが無駄。
さて、またまた変な考え。遠回りしようぜ〜、ということで上野から信楽へ北上、水口(みなくち)を通って、山間に出た。ここは!?
鈴鹿スカイライン。
御在所岳の横。バイク登らねー、半袖寒い〜、標高高い〜、空気薄い〜。四日市見える〜カシャ。山を下り、菰野町を通る。
道の駅とコンビニでちょっと休憩。しかしふもとに下りてくると気温が一気に上がるな〜なんていってると四日市を過ぎたあたりから日が沈む。
名古屋についたときには真っ暗だった・・・。もう少し早く出れば・・・ま、いっか。
てなわけでロングツアー終了。とても疲れましたとさ。

(おいてけぼり公式ツアー文書(2002年発行)より 一部改編)


CB50STouringに戻る